ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

VIETJO記事ランキング

48時間ランキング 
   
1
趣味でアリを飼育する会社員、月10万円以上の副収入に (26日)
 ハノイ市ドンダー区在住の会社員のブイ・ゴック・クオンさん(男性)は、ストレスの多い仕事の後の趣味として、観賞用のアリを飼育している。クオンさんは、アリの個体や飼育用品を販売することで、月に2000万~3...>> 続き
2
ベトナムの国民的歌手、ナチス連想の衣装でひんしゅく (4:39)
 ベトナムの大物歌手ダム・ビン・フンが5月5日に開催された歌謡ショーで、ナチスを連想させる白い軍服姿で登場したことについて、ホーチミン市文化スポーツ局は処分に向けて専門機関と協議したことを明らかにし...>> 続き
3
ホーチミン:宴会中のトラブルで酸攻撃、1人死亡7人負傷 (5:18)
 22日午後6時ごろ、ホーチミン市7区フインタンファット(Huynh Tan Phat)通りの路地にあるアパート前で宴会をしていた11人のグループの間でいざこざが発生し、このうち1人が部屋から酸の入った缶とナイフを持ち出...>> 続き
4
ハノイ:深夜の貸家で火災、死者14人・負傷者3人 (24日)
 ハノイ市カウザイ区チュンホア街区チュンキン(Trung Kinh)通りの狭い路地にある3階建ての家屋で24日午前0時45分ごろに大規模な火災が発生した。これまでに14人が死亡する大惨事となっている。  この家屋は...>> 続き
5
STB頭取の誹謗中傷繰り返すバンブー航空元会長、公安省が捜索 (6:01)
 公安省傘下の治安捜査機関(A09)は、サコムバンク[STB](Sacombank)からの告発を受け、地場不動産デベロッパーFLCグループ[FLC](FLC Group)元副会長・>> 続き
6
15歳からバイクの運転可能に、新法草案で年齢引き下げ提案 (23日)
 交通運輸省傘下の車両登録検査局のグエン・トー・アン副局長は、道路交通秩序安全法草案について、エンジン・モーター付きバイクの運転が可能となる年齢を現行の16歳から15歳に引き下げることを提案した。 ...>> 続き
7
「24年夏の人気観光地」にダナンが選出、トリップアドバイザー (25日)
 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」は、世界6か国(米国、英国、イタリア、オーストラリア、シンガポール、日本)の旅行者への意識調査とサイトの利用状況データをもとに、202...>> 続き
8
ホーチミン:「南部フルーツフェスティバル」開催、6月1日から (25日)
 ホーチミン市直轄トゥードゥック市タンフー街区のスオイティエン公園(120 xa lo Ha Noi, phuong Tan Phu, TP. Thu Duc, TP. Ho Chi Minh)で6月1日から8月30日まで3か月間にわたり、「南部フルーツフェスティバ...>> 続き
9
ダナン:アジアパークが新たなショー開催、ハリウッド級演出も (25日)
 南中部沿岸地方ダナン市にあるテーマパーク「アジアパーク(Asia Park)」では6月、「Symphony of River」や「Roi Viet(ベトナム人形劇)」など初登場となる多くのショーを開催して夏季の来場者を歓迎する。  ...>> 続き
10
外国籍船とはしけが衝突、コンテナ9個がドンナイ川に落下 (24日)
 23日午後、ホーチミン市直轄トゥードゥック市カットライ街区を流れる3本の川(ドンナイ川、サイゴン川、ニャーベー川)の合流点エリアで、シンガポール船籍の船とはしけが衝突する事故が発生した。この事故により...>> 続き
11
三菱電機、ベトナムでFA機器の合弁会社を設立 (24日)
 三菱電機株式会社(東京都千代田区)は、ASEAN向けFA機器の生産体制を強化するため、冨士ベークライト株式会社(岡山県小田郡)との間で、冨士ベークライトの子会社である冨士ベークライトベトナム(Fuji Bakelite V...>> 続き
12
パソナテックベトナムなど3社、ダナン進出支援コンソーシアム組成 (3:30)
 ベトナムでHRソリューションやBPOサービスなどを提供するパソナテックベトナム(Pasona Tech Vietnam、ホーチミン市)は、日本企業の南中部沿岸地方ダナン市への投資・進出支援の強化に向け、TMI総合法律事務所ベ...>> 続き
13
ホーチミン~コンダオ島の高速船、市内シャトルバスを一時運行停止 (24日)
 フーコック・エクスプレス社(Phu Quoc Express)は、13日にホーチミン市と東南部地方バリア・ブンタウ省コンダオ島を結ぶ高速船の運航を開始したが、ホーチミン市内と船着場の間のシャトルバスについて、6月1日...>> 続き
14
プーチン露大統領ら各国首脳、ベトナムのラム新国家主席に祝電 (24日)
 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領をはじめとする各国の首脳らが、22日に開かれた第15期(2021~2026年)第7回国会で、ベトナムの新国家主席に選出されたトー・ラム氏に祝電を送った。  プーチン大統領は...>> 続き
15
ベトジェットエア、運賃割引・0VNDキャンペーン実施中 (24日)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、5月27日(月)まで、ベトナム~インド路線の往復運賃が最大50%割引(税など含まず)からとなるキャンペーンを実施している。  対象のクラスは...>> 続き
16
ハノイ:ぼったくりタクシー被害の外国人観光客に全額返金 (24日)
 ハノイ市ホアンキエム区で11日夜、フランス人観光客の夫婦がぼったくりタクシー被害に遭い、100万VND(約6200円)を騙し取られた件で、同区警察は被害額の全額を回収し、夫婦に返金したことを明らかにした。 ...>> 続き
17
岸田首相、ベトナム新国家主席就任で祝辞 (24日)
 22日に開かれた第15期(2021~2026年)第7回国会で、トー・ラム公安相が新国家主席に選出された。これを受けて、日本の岸田文雄内閣総理大臣は翌23日、ラム国家主席に祝意を表す書簡を発出した。  岸田総理大...>> 続き
18
非現金決済に関する新政令、電子マネーを初めて定義 (24日)
 政府は、非現金決済に関する政令第52号/2024/ND-CPを公布した。これは、政令第101号/2012/ND-CPと政令第80号/2016/ND-CPに置き換わるもので、7月1日に施行される。  新政令によると、「電子マネー」は、電...>> 続き
19
ハノイ:6月からゴミの4種類分別を試行、26年から市全域展開 (24日)
 ハノイ市は2024年6月からゴミの4種類分別を試験的に実施する計画。まずは市内23街区で試行し、この結果を踏まえて2026年の市全域での展開を検討する。  廃棄物収集・処理を手掛けるハノイ市都市環境会社(ウ...>> 続き
20
ベトテル子会社、ウェアラブル医療機器の提供で韓国企業と提携 (24日)
 韓国の医療機器メーカーであるシアース・テクノロジー(Seers Tecnology)はこのほど、ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)傘下のベトテル企業ソリューション総公社(ベトテル・ソリューションズ=Vi...>> 続き
48時間ランキング 
   
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved